The BEATLES Cover Unit さいもん Blog

The BEATLES Cover "さいもん" やってます。ビートルズ・カバー・ユニットの活動レポート、ビートルズ愛などをつづりたいと思います。

Nowhere Man(ひとりぼっちのあいつ)

f:id:simon_beatles:20210211214316j:image

Nowhere Man=無益で役に立たない男

のことを歌った歌です。

 

“Nowhere Man please listen”

“ノーウェアマン、聞いてくれ” という歌詞がありますが、

これはジョンレノン自身のことを歌っているそうです。

ジョンレノンのような天才も行き詰まることがあったんですよね。

 

新曲を書こうとしても書けず、考えても何も浮かばないとウンザリし、

みじめで孤独な気分で横になろうとした時に、

自分はNowhere Manだと思った。

自分は何者で、どこにいて、この先の人生をどう過ごせばいいのかわからない---

 

歌詞の世界ではNowhere Manに対して、

無益で役に立たない、物事が見えていない、などとだいぶ否定していましたが、

後半に進むとムードが変わります。

 

“ノーウェアマン、心配いらないよ

自分のペースで、ゆっくりやればいい

誰かが手を貸してくれるまで、全部放っておけばいいんだ”

 

 

映画『Yellow Submarine』で、

ビートルズ4人の前に、風変わりな学者「ジェレミー」が現れます。

自分を物理学者、才能ある画家・・・など何でも知っていると言います。

ジョンらはそんなジェレミーを煙たがっていたのですが、ジェレミーがサブマリンを修理し、いよいよ旅立つという時に、 ひとり残されるジェレミーを放っておけないと思ったリンゴが、

「一緒に来ない?」

と誘うのです。

結果、ビートルズとジェレミーは一緒にペッパーランドへ向かうのですが、 そこでかかっていた曲が、Nowhere Manでした。