The BEATLES Cover Unit さいもん Blog

The BEATLES Cover "さいもん" やってます。ビートルズ・カバー・ユニットの活動レポート、ビートルズ愛などをつづりたいと思います。

ビートルズ・ファンの間では毀誉褒貶?映画「イエスタデイ」①【「自分だけがビートルズを知っている世界」ファンなら一度は想像したことある世界】

映画「イエスタデイ」

「イエスタデイ」を観てきました

ビートルズ・ファンの間では毀誉褒貶?の話題作、「イエスタデイ」を観てきました!

売れないシンガーソングライターのジャックが 音楽で有名になるという夢をあきらめた日、 12秒間、世界規模で謎の大停電が発生─。

真っ暗闇の中、交通事故に遭ったジャックが、昏睡状態から目を覚ますと… あのビートルズが世の中に存在していない!

世界中で彼らを知っているのはジャックひとりだけ!? ジャックがビートルズの曲を歌うとライブは大盛況、 SNSで大反響、マスコミも大注目!

すると、その曲に魅了された超人気ミュージシャン、エド・シーランが 突然やって来て、彼のツアーのオープニングアクトを任されることに。

エドも嫉妬するほどのパフォーマンスを披露すると、 ついにメジャーデビューのオファーが舞い込んでくる。 思いがけず夢を叶えたかに見えたジャックだったが─。 (公式サイトより)

実は公式ホームページに出ている紹介以外に中身は知らず、さしたる期待も持たずに出かけたのですが・・・・・・

 

結果は・・・・

素晴らしい!!!

 

まだ一度しか観てませんが、何度も観返したくなる素晴らしい映画でした!

放送やブルーレイ、待ってます! ←また映画館で観れば?というのもありますが、細かいところをいちいち確認したい派なので、録画ものがいいのですよね(笑)。

で、よかったところをつらつらと挙げてみたいかと思います。

ネタばれ気にせずの個人的感想ですのでご了承ください(笑)。

 

ストーリー

「自分だけがビートルズを知っている世界」自分ならどうした?

「自分だけがビートルズを知っている世界」。

長いことビートルズファンやって、ビートルズを演奏したりする人であれば、一度はこんな感じで想像した世界ではないでしょうか(笑)。

 

ビートルズを知っているのは自分だけ → しめしめ → 本物と同じように ‘ビートルズ’結成 → 大ヒット連発 → ビートルズとなる → ウハウハ」

 

もちろん、ファッション、髪型、楽器、演奏の類は本物のビートルズどおり、ってことで(笑)。

ワタクシもこのような映画かな、と思っていました。

 

まさかの夢オチじゃなかったよ 

あるいは、ウハウハまで行ったところで ‘何だよ、夢オチか!’ という、ポール・マッカトニー大先生の『ヤァ!ブロード・ストリート』的な冴えない感じかとも若干疑ってもいました(笑)。

 

※ポールファンの方、すみません。こうは書きましたが、『ヤァ!ブロード・ストリート』、公開時に2回劇場で観てますし、DVDも持ってます(笑)。ちなみにワタクシはポールファンです(笑)。

 

毒杯を飲んだジャック 

で、全然違いました(笑)。

そういう ‘セコい’ ‘小さい’ 話ではまったくありませんでした。 さすが、です(笑)。 そのような ‘セコく小さい’ 世界観、やり手のマネージャーから ‘毒杯を飲むか?’ と言われた出世希望の売れないミュージシャン主人公(ジャック)、そう言われて拒めるわけもなく一度は飲んだところで表現されていましたね。

ちなみに ‘毒杯’ は ‘金と名声’ にまつわるすべてのもの、ということらしいです。

そのまま最後まで行くかと思いましたが、苦悩の末ウハウハ直前で毒杯を吐き出してしまいました。

そこはやはりビートルズ、‘Can’t Buy Me Love’ ‘All You Need Is Love’ の精神でしょうか(笑)。

 

それにしてもジャック、何で ‘毒杯’ 吐き出してしまいましたかね?

ビートルズになれる’ という理想的世界にいながら、ジャック、全体的に暗いです(笑)。 この暗さがセコいウハウハ物語に流れることなく(そっちに流れないから暗い、とも言えます)、ある種の重みをもたらしてます。

 

ジャックのキャラ→暗くない?

しかし、何でジャック、暗いのでしょう? 盗作のうしろめたさ?(といってもそれが盗作だということは自分+2名しかいないのですが)。

‘盗作’でエド・シーランに頭下げさせたこと(笑)?

幼馴染の美人マネージャーさん(エリー)と繰り広げる往年の「石立ドラマ」的な奥手なやり取りに潜む切ない思い?(とは言っても石立さんは明るく演じてましたがね~) 何だかよくわかりません(笑)。

ジャックの暗さ、いろいろな解釈ができるのでしょう。

だからいい映画なのですね(笑)。

 

ちなみに自分がジャックだったらどうでしょうか?

もちろんウハウハ路線を邁進するでしょう(笑)。

現実のビートルズだってウハウハなのだから構いませんよね(笑)。

 

ラストは「オブラディ」の世界

映画のラスト ‘毒杯’ を吐き出したジャック、最後はあれだけ戻りたくないと言っていた教師の世界(エリーさんも教師です)に戻っていました。

もちろんエリーさんと一緒になったようです(石立ドラマですね(笑))。

教師に戻ったジャック、子供たちに向かって体育館の舞台みたいなところに腰かけて「オブラディ」をギター一本で歌っていました。

「子供にオブラディ」で締めるあたり、若い世代もビートルズを受け継いでいってくれよ、という作者のメッセージでしょうか。

 

ジャックも暗さはなくなり、楽しそうです(といって、カラッと明るい、という風にも見えません。諦観、でしょうか)。

結局、紆余曲折を経て最後にジャックが手にしたのは、ミュージシャン的成功ではなく、いわゆる ‘フツーの幸せ’ だったということですかね。

‘夢の印税生活’ も放棄してしまっていますし(笑)。

いい人です、ジャック(笑)。

 

このあたり、‘ベタといえばベタ’ であり、どう見るかはいろいろあると思いますが、ワタクシ的には素晴らしいエンディングと思います!

 

エンドロールはあの名曲

ちなみに、エンドロールに流れるのは ‘本物の’ ヘイジュードです(笑)。

ヘイジュードを最初から最後まででかい音でしっかり聴いたのは中学生のとき以来だ、と感慨にふけりました。

最近、ポールのライブでも食傷気味なところのあるヘイジュードですが、あらためてその ‘本物の良さ’ を認識しました(笑)。

やはり、ジャックはビートルズにならなくてよかった(=なってはいけない)、かと(笑)。

 

(つづく)

 

筆者について

さいもん(A)・ギター担当。ビートルズ大好き歴数十年!1963年生まれ さそり座。近頃、忘れっぽいことがもっぱらの悩み。

 

関連ページ